頭皮の汚れを除去する天然シャンプー

シャンプーに含まれる界面活性剤は、油分を水分をなじませる役割を果たすもので、頭皮の皮脂汚れを洗浄するために欠かせない成分です。

ひとくちに界面活性剤と言っても様々なものがあり、それらを大きく分類すると「高級アルコール系」「せっけん系」「アミノ酸系」の3つとなります。

高級アルコール系の洗浄剤は、一般的な市販のシャンプーに使われています。

“アミノ酸”や“せっけん”などの表示が無ければ、それは高級アルコール系のシャンプーだと判断して良いでしょう。

合成の界面活性剤を使用しているためコストが安く、消費者も安価に手に入れることができますが、皮膚にやや刺激が強いことと、皮膚から浸透した場合、体内で分解されにくいことが心配されます。

せっけん系の洗浄剤は、合成の界面活性剤に比べて安全性が高いと言われ、ナチュラル志向の人に人気があります。

皮脂を落とす力が強く、洗う時にきしむことと、せっけんのアルカリ性のため、洗い上がりがゴワつきがちになるのが難点です。

アミノ酸系の洗浄剤は、人間の皮膚や髪に近い成分でできているので、刺激が少なく、洗浄力も程よいのでどんな方にも使いやすいシャンプーだと言えます。